シアリスに含まれる有効成分


シアリスに含まれる有効成分

シアリスには、含まれている成分の量によって5mg・10mg・20mgの3種類があります。この3種類のどれを飲むのかは、病院で医者さんの判断によって決められています。シアリスの成分ですが、シアリスとほかのED治療薬とでは異なるものが使用されています、目的は同じでも効果は若干異なります。

シアリスにはタダラフィルと呼ばれる有効成分が含まれています。有効成分タダラフィルとして、ED治療薬として人気があります。タダラフィルは白色の粉末、水に溶けにくいという性質ですが、吸収されにくいことから即効性に欠点するもの、作用時間が非常に長い特徴を持っています。シアリスを使用すると、20mgで30~36時間もの効果が持続されて、金曜の夜に服用すると、日曜の昼まで長時間作用することができてウィークエンドピルとも呼ばれています。

タダラフィルが体内に吸収されていると、男性器が萎えるために使用されるPDE5と呼ばれる酵素を阻害する作用がありシアリスの成分ます、この効果から勃起する時間が持続するようになります。それに、一酸化窒素に作用することから、血管を拡張して血圧を下げる効果も認められています。このことから、様々な疾患に対応できないかと研究されており、現在のところ、肺動脈性肺高血圧症、前立腺肥大症の改善に適応するとされています。臨床試験は約1100人を対象に行われて、81%の人はシアリスがEDが改善されたと報告されています。

前立腺肥大症の改善に用いられて、ザルティアと呼ばれる薬です、普通のシアリス内容とは同じで、名称を変更しただけとなっています。ザルティアは前立腺肥大症の改善薬として購入する時、保険が適用されますが、シアリスが保険適用できると噂されてのは、これが原因となっています。

シアリスの有効成分であるタダラフィルは、ブロック上の構造をしていることから体内に吸収されるまでに時間がかかります。これは、シアリスの長い効果時間につながっているので。その代わりに、服用から効果が出てくるまでの時間もほかのふたつに比べて長くなっているから、注意が必要です。

シアリスの成分としてのタダラフィルについて勘違いしてはならないのは、セックス意欲刺激効果があるわけではありません、ペニス勃起を強制するものでもないことです。あくまでも自然な勃起を促す効果であるから、ED勃起障治療改善薬品です、性欲刺激媚薬と違います。