シアリスの正しい飲み方

シアリスの効果を最大限に発揮することができるかどうか、飲み方が重要になります。シアリスは、服用後約3時間ぐらいで血中濃度のピークが現れますから、服用するタイミングは性行為の約3時間前を目安にシアリスを服用して下さい。飲み方と言うと、最初注意することは、食べ物と飲み物ですよね。人々は、よく、食事をしたり、お酒を飲んだり後、直接セックスします。


食事を受けにくいシアリス

バイアグラやレビトラはどちらでも、食事の影響を受けるED治療薬です。腹7分目までの食事に抑えた後、2時間から3時間ほどの時間を空けないと、その効果の半減がみられます。食後でも脂質の多い食事を摂取すれば、全く効果が出ないこともあります。そのため、バイアグラやレビトラの効果は、食事に大きく左右されるものといえます。食事を受けにくいシアリス

その代わりに、シアリスは、バイアグラやレビトラと比べて食事の影響を受けにくいED治療薬です。18歳の成人男性が高脂肪食を摂取した後にシアリスを服用しましたが、大きな効果の半減はみられなかったといいます。それで、シアリスなら、食事後、突然ホテルへ行ってセックスすることになった時も安心です。吸収の早い方は、1時間ほどで効果を実感できます。

でも、食事の影響を受けにくいED治療薬とはいえ、食べ過ぎると、影響もあります。シアリスの効果を存分実感するためには、800kcal以内の食事に抑えるのが望ましいとされています。

効果を発揮させたい方は、空腹状態、もしくは食事の2時間ほど前にシアリスを服用しておくのがおすすめです。逆に、食前に服用しても問題ないですか?と思われる方も多いです。シアリスは、身体に吸収されてしまえば、その後の食事の影響を受けません。

作用時間の短いバイアグラやレビトラだと、食前に服用するのは中々難しいです、36時間まで効果が持続するシアリスなら大丈夫です。普段通りの生活をしながらの服用が可能です。


アルコールも影響を受けにくい

男性と女性を食事する時は、お酒は欠かせません。アルコールを摂取すれば、男女の距離が近づきます。いざホテルへ誘い出すことに成功しても、アソコの元気がないようではパートナーとのせっかくの時間が無駄にしまいました。こういう時、シアリスをお使ってください。アルコールの影響を受けにくい

シアリスは、食事と同じように、アルコールの影響も受けません。専門医がすすめるシアリスの飲み方でも、アルコール前後の服用は可能とされています。アルコールには精神安定作用があるから、気分の状態もリラックスした。人には、シアリスの効果が引き出されることもあるようです。シアリスならパートナーと居酒屋やバーでお酒を楽しんだ後、ホテルへ行く流れになった時も安心。心身ともに気持ちの良い状態で性交が可能となります。

しかし、いくらシアリスがアルコールの影響を受けないED治療薬とはいえ、お酒を飲み過ぎると、影響もあります。いくらシアリスを飲んでも、アルコールで神経伝達が悪化してしまえば、性的刺激を受け難くなり、勃起力が低下しかねません。そのために、お酒は程々の量に抑えておいてましょう。

シアリスは、約1日半と長い時間効果を発揮してくれるメリットがあります、正しく服用すればEDによる不妊を克服できる可能性も十分あります。

ただし、「気軽だから」と医師の処方箋なくネットで購入したり、医師の指示に従わずに服用したりすると、痛い目にあいかねません。使用する前に夫婦でよく相談して、正しい方法で服用してください。