シアリスの一番安全できる購入方法は?

長時間効果が持続しているというED治療薬の中でも近年人気が高まっているシアリス。シアリスの購入方法としては、「病院やクリニックで処方してもらう方法」と「通販で海外サイトから購入する方法」の二つがあります。2つの購入方法には価格や安全面で様々な違いがあります。今回は、シアリスの購入方法についてご紹介します。


シアリスの二つの購入方法

病院やクリニックで処方してもらうシアリスの購入方法

シアリスの購入方法として、最も普通なのが病院やクリニックで処方してもらう方法です。シアリスは医療用の医薬品として指定されているから、コンビニやドラッグストアなどで気軽に購入することはできない。販売には医師の処方が必要となるから、一般的には病院やクリニックで処方してもらうしかない方法です。

通販で海外サイトから購入する

日本の法律上、シアリスは医師に処方してもらいことで購入しかできないです。これ以外の販売方法は違法であり、日本国内の通販も利用できません。ただし、海外サイトからの購入であれば違法にはなりません。

ただし、海外サイトを利用する時、言葉や慣習などの違いだからトラブルが発生することも多いで、個人輸入代行サービスを利用する人が多くています。個人輸入代行とは、購入者の代わりに海外と取引をしてくれる代行サービスのこと。海外の慣習に疎い日本人であっても安心して利用することができます。

でも、個人輸入代行には守るべきいくつかの注意点があります。ひとつは、必ず個人で使用すること。購入したものを譲渡するのもNGです。もうひとつは、定められた購入可能量を守らなければならないということ。個人輸入では1カ月分など購入可能な量が定められています。

単純に安さで選ぶなら通販サイトということになるです。値段だけでいえば通販のほうが安いことがほとんどです。さらに、病院やクリニックにはないような大容量での販売もされていることがあるから、お得であると感じられるかもしれません。ただし、海外の通販サイトからの購入にさまざまなリスクがあります。安全面も考慮すれば、やはりおすすめできるには「病院やクリニックに処方してもらうこと」ということになります。


シアリスの通販での具体的な購入方法

個人輸入代行サイトの利用は普通の通販とほとんど変わりません。サイト内表記も日本語ですし、代金の支払い方法も一般の通販サイトと同様、銀行振り込みやクレジット決済に対応しているから不便を感じることはないです。シアリスの通販

具体的には、「商品を選択→配送先の住所等を登録→代金を支払う→到着を待つ」これで注文した商品が手元に届きます。

国内通販と唯一違う点は、届くまでに5日~1週間かかるということで初めは不便に思うかもしれませんが、次はなくなる前に余裕をもって注文すれば問題ありません。自分で個人輸入した場合の通関などの面倒な手続きや言葉の問題を考える必要もないから、時代に則した便利なサービスと言えます。


海外産シアリスジェネリックについて

海外の通販サイトからの購入では、シアリスと主な成分を同じくとする「タダシップ」や「タダリス」などのインド産シアリスジェネリックが、非常に安価な価格で出回っています。ただし、シアリスはまだ国際特許満了を迎えていないから、国内では正規品のシアリスジェネリックは存在しない。国内の正規品のシアリスジェネリックが登場するのは、まだ先のことになります。

海外産ジェネリックには、購入した薬剤が偽物だったり、品質管理が行き届いていない劣悪品だったりする場合があります。また、海外産ジェネリックを服用することによって、痙攣、意識低下などの健康被害を引き起こす危険性があるから注意が必要です。