シアリスの主な副作用

シアリスは、ED治療薬のなかでは副作用が軽く、安全に使える薬とされています。効果持続時間が36時間と長めに作られているため、効果がゆるやかに出るように作られているからです。ED治療薬は血管拡張を維持させて血流を良くさせる薬なので、副作用として頭痛、紅潮、ほてり、消化不良、などが起こる可能性があります。消化不良が起こるのは、血管拡張によって交感神経が優位になり、消化に働きかける副交感神経の働きが弱まるためと考えられます。


シアリスの副作用が出にくいシアリスの副作用

バイアグラやレビトラと同じ、シアリスでも副作用が生じる時があります。シアリスの主な副作用は、かおのほてり、めまり、頭痛などの症状が出てきます。しかし、服用者の多くが大なり小なり副作用を実感したバイアグラやレビトラとは違います、シアリスでは服用者のおよそ3割が副作用を体感したとされています。

バイアグラやレビトラは服用後30分~1時間程度で効果が現れる即効性の薬であり、効果時間も5時間程度とあまり長くはありません。短時間で身体に作用させるから、副作用も出やすくなっています。バイアグラやレビトラに比べてシアリスは、服用から3時間程度で効果が現れているや遅効性であり、効果時間も24~36時間ほどと長いものです。長くゆるやかに身体に作用するため、副作用も出にくいとされています。


シアリスを服用後で出られる副作用

シアリスは副作用が出にくいとはいえ、まったく出ないというわけではないです。シアリスの臨床試験においても、いくつかの副作用が確認されています。シアリスを使ったの副作用

シアリスに出やすい副作用には、頭痛やほてり、消化不良などがあります。臨床試験では背痛や筋肉痛も確認されていて、こういった症状もよくみられています。めまい、鼻水、鼻づまり、下痢などが起こることもあります。珍しいに起こる副作用は視覚への影響があげられます。眼痛や結膜炎などそのものに関するもので、ほかには、物が青く見えたり青と緑の区別がつきにくくなったりといった色覚異常ケースもあります。

軽度の副作用であれば身体への影響は少ない、少し気になる程度のものであるためそのまま使い続けても問題はないです。ある程度の副作用は仕方がないといえます。しかし、その程度が大きかった時にはすぐに病院やクリニックで診てもらうようにしてください。当然、異常を感じた時点で服用も中止してください。